So-net無料ブログ作成

xperiaが時期更新でHD撮影対応らしいですが、現実味ありますか?



(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★





2015年はこんなスマホに期待! 昨年のスマホから空想する

●スマホは大型化
スマートフォンにおける技術開発のスピードは、目覚ましいものがあります。2014年も様々なスマホが登場しました。そこで本稿では「スマホが大きく変わりそう」と思えたスマホ関連のニュースを振り返るとともに、将来的にスマートフォンがどのような変化を遂げそうか想像してみたいと思います。

【もっとほかの写真をみる】

○2014年のスマホを振り返る

スマートフォンの顔とも言うべきディスプレイ。ここ数年来、大型化の傾向が続いていましたが、2014年も6.4インチの「Xperia Z Ultra SOL24 au」(1月発売)を筆頭に、大きなスマホが続々と発売されました。Androidスマホの影響がついにiPhoneにもおよび、5.5インチの「iPhone 6 Plus」(9月発売)が登場したことは、まだ我々の記憶に新しいところです。

一部の機種では、ディスプレイの占有面積が限りなく大きくなっています。シャープでは”フレームレス”を謳った「AQUOS CRYSTAL SoftBank」を8月に発売。画面占有率約83.6%を実現しました。高解像度という側面では「isai FL LGL24 au」(7月発売)が国内初となるWQHD(2560×1440ピクセル)ディスプレイを搭載。「ARROWS NX F-02G docomo」(11月発売)や、「Nexus 6」(12月発売)が同じくWQHDディスプレイ搭載スマホとして続いています。

新しいスマートフォンの形を模索する動きとして「G Flex LGL23 au」(1月発売)や、「GALAXY Note Edge SC-01G docomo」(11月発売)が話題を呼びました。”曲面ディスプレイ”が強いインパクトを与えるこの2端末ですが、メーカー関係者によれば、ディスプレイを曲げることよりもバッテリーを曲げることのハードルの方が高いのだそうです。G Flexでは湾曲したバッテリーを内蔵することに成功しています。LG電子では、この技術を今後の端末開発に活かしてくることが考えられます。

●変態スマホその1
○2015年は変態スマホに期待

時代の流行に敏感な層にスマートフォンが行き渡ったこともあり、2014年のスマホ出荷台数は伸び悩んだと言われています。携帯キャリア各社では、2台目需要としてタブレット端末を訴求し、またシニアや若年層に向けて製品やサービスの開発を進めているところです。2台目需要にタブレットも結構なのですが、ここで個人的な興味を述べさせてもらうと...。メインのスマホで埋められない穴を”変態スマホ”で補完する、という考えがあっても良いのかなと思っています。

2013年5月には、NECカシオモバイルコミュニケーションズが4.3インチのディスプレイを2枚並べて横につなげた「MEDIAS W N-05E」を発売しました。2015年には、こうした変態スマホの再登場に期待しています。例えばディスプレイ2枚があり得るなら、3枚はどうだろうか。アスペクト比1:1の正方形ディスプレイ3面を組み合わせた、サイコロ状の立方体スマホがあったら楽しそうです。

模索を続けているサムスン電子あたりが「GALAXY Note Cube」として開発しないでしょうか。3画面で別々の作業が同時にこなせるので、真のマルチタスクが実現します。最大3人の友人と同時にテレビ電話を楽しむこともできるでしょう。これが成功したあかつきには、球状のスマートフォン「GALAXY Note Ball」にも挑戦してほしいところです。

●変態スマホその2
○Pepperフォンというアイデア

さて、ソフトバンクでは2014年6月に家庭用ロボット「Pepper」を発表しました。ユーザーと触れ合いながら人間の「感情」を学び、クラウドに蓄積することで全国のPepperで情報を共有する、集合知の力でどんどん頭が良くなっていくのがPepperの特長です。このシステムをスマートフォンに活かさない手はないと思います。そこで、PepperのクラウドAIを搭載した「Pepperホン」を開発したらどうでしょうか。

特長は、スマホが1日中ユーザーの話し相手になってくれるというもの。シニア向けの「シンプルスマホ」に搭載すれば、独り身の高齢者にも人気が出そうです。ソフトバンクとしても、集合知のデータをより多く集めることができるメリットが存在するでしょう。ちなみにシャープでは「AQUOS ZETA SH-01G docomo」(11月発売)に、ユーザーの状況に合わせて話しかける「emopa(エモパー)」という新機能を搭載しています。マーケティング戦略としては、Pepperフォンに近いものがあると言えるのではないでしょうか。

***

閑話休題。総務省からは2015年5月以降、SIMロック解除を義務化する方針が示されています。SIMロックが解除されれば、SIMロックフリー端末の注目度は否応なく高まることでしょう。そこで、2015年は大手メーカーの格安スマホ開発に期待したいところです。すでに富士通などが着手していますが、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」のSIMフリーモデルが日本国内でも販売されれば、大きな反響を呼びそうです。格安SIMサービスの流行とSIMロック解除の義務化により、環境が大きく変わりつつあるスマホ市場。2015年も、この業界から目が離せません。

(近藤謙太郎)
(この記事はIT総合(マイナビニュース)から引用させて頂きました)


★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★






nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © Xperia あれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。