So-net無料ブログ作成
検索選択

ラトック、バランス接続の幅を広げた新型ポタアン「REX-KEB03」


 ラトックシステムは、12月20日と21日に開催された「第6回ポタフェス」で新しいUSB-DAC内蔵ポータブルアンプ「REX-KEB03」を参考展示した。外観は既存の「REX-KEB02iP」によく似ているが、奥行きが長くなって全体にすっきりした印象。このサイズはiPhone 6にぴったりの大きさだという。

【その他の画像】

 機能面ではまず、Lightning直結によるハイレゾ再生が可能になる。付属(予定)の短いケーブルでiPhoneとつなぎ、「HF Player」などのアプリで再生すれば、「REX-KEB03」側のDAC(ESSのES9018K2M)でアナログ変換できる。PCM系音源は最大384kHz/24bit、DSDも5.6MHzまでサポートした。

 ほかにもウォークマン(要ハイレゾケーブル)や、Xperia Z3(要OTGケーブル)、AKシリーズなどの光デジタル(要光デジタルケーブル)などをサポート。もちろんPC/Macとの接続も可能になっているなど、幅広いプレイヤーとの組み合わせに対応した。

 ヘッドフォン出力にも一工夫。フロントパネルには3.5ミリジャックが3つ並んでおり、このうち左端は通常のステレオ、右側2つはバランス出力対応だ(3.5ミリ×2)。ここまでは「REX-KEB02iP」と同じだが、実は右端のジャックだけを使って3.5ミリ4極×1のバランス出力が可能だという。これえAstell&KernのAKシリーズなどと同じケーブルが利用できることになる。さらに3.5ミリー2.5ミリ変換アダプター2個を併用すればソニー用バランスケーブルも使える。

 ボディーが大きくなったおかげでバッテリーも大容量化。製品版の容量は未定ながら、試作機には3000mAhのバッテリーが使われており、USB接続のハイレゾ再生時でも10時間の連続駆動が可能だ。さらにポータブル機と接続した際にセルフパワー動作が可能なため、よりモバイル向けに特化したヘッドフォンアンプといえる。

 一方でゲイン切替やデジタルフィルター切替スイッチがないなど、省かれた機能もある。「ヘッドフォン出力は60オーム前後に最適化されている。よりポータブル向けになったREX-KEB03と、汎用的なREX-KEB02iPとしてすみ分け、両モデルを併売する予定」(同社)。価格は5万円前後になる見込みだという。
(この記事は製品(ITmedia LifeStyle)から引用させて頂きました)



★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★






(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★






nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © Xperia あれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。