So-net無料ブログ作成
検索選択

Xperia AX SO-01Eを購入したのですが、尋常ではなく 電池が減ります。20~...



(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★





ラトック、LightningでiPhoneと直接接続。AK/ソニーのバランス対応ポタアン開発中

 ラトックは20日、「第六回ポータブルオーディオフェスティバル2014」(ポタフェス)の同社ブースにおいて、2015年春頃の発売を目指して開発中のポータブルヘッドフォンアンプ「REX-KEB03」を参考展示した。2015年上期の発売を目指しており、価格は未定だが同社既存ポタアンと同様の価格帯を想定。様々なソース機器、そしてヘッドフォン/イヤフォンとの接続に対応しているのが特徴。

【この記事を写真付きで見る】

 Windows/Macなどを接続するためのUSB端子を背面に搭載。この端子は、Androidスマートフォンとの接続にも利用でき、USB OTGケーブルを同梱。このケーブルを使って、Xperia Z3、Z2 Tabletなどのスマートフォン/タブレットと連携、デジタルデータのまま「REX-KEB03」に伝送し、「REX-KEB03」内蔵のDACでアナログ変換や増幅ができる。

 別売のハイレゾオーディオ接続用USB変換ケーブルを使い、ウォークマンのNW-ZX1、NW-F880シリーズとも接続できる。

 さらに、両端にLightningコネクタとUSB端子を備えたケーブルも同梱。カメラコネクションキットを使わずに、iPhoneなどのiOS機器とデジタル接続できる。HF Prayerなどのプレーヤーアプリを使い、iPhone内のハイレゾ楽曲を伝送・再生できる。背面には光デジタル入力端子も1系統装備している。

 ヘッドフォンも多様な機器と接続可能。フロントパネルの左端に3.5mmステレオミニのアンバランス出力を1系統、中央にはラトックのポータブルアンプでこれまで採用している2.5mm×2のバランス接続用出力を備えている。「REX-KEB03」では、この2.5mm×2のバランス出力の汎用性が高い。

 バランス出力端子の右チャンネルが、2.5mm 4極のバランス出力に対応。iriverのAstell&Kern AK 第2世代シリーズ(AK240など)で採用されているバランス出力と仕様が同じで、AKシリーズ用のバランスヘッドフォンなどをドライブできる。

 さらに、ソニーがフラッグシップヘッドフォン「MDR-Z7」や「MDR-1A」と、ヘッドフォンアンプ「PHA-3」などが対応している、ステレオミニ(3芯)×2本のバランス接続にも対応可能。「REX-KEB03」のバランス端子は2.5mm×2であるため、そのままでは接続できないが、3.5mmステレオミニ-2.5mmへの変換プラグを介する事で、REX-KEB03でもドライブできるという。

 DACなどは、発売中の「REX-KEB02AK」や「REX-KEB02iP」と同じで、ESS製の「ES9018K2M」を採用。384kHz/24bitまでのPCMと、5.6/2.8MHzのDSDファイルも再生できる。

 筐体は「REX-KEB02AK」や「REX-KEB02iP」よりも奥行きが少し長くなっており、バッテリ容量が増加。従来モデルは5時間程度だった連続動作時間は、10時間以上にアップしている。


【AV Watch,山崎健太郎】
(この記事は産業(Impress Watch)から引用させて頂きました)


★Xperia、最新スマホ商品をお探しなら★






nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © Xperia あれこれ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。